おしらせ

【サガシキ】紙製防護用マスク開発

弊社のグループ会社である株式会社サガシキより、4月25日発行の「佐賀新聞・日経新聞」以下の内容が掲載されました。

新型コロナウイルスの影響で医療従事者の方へ口元だけではなく頭部・首元全体を覆える
紙製の使い捨て防護用マスク【ハコデガード】を、
佐賀県の佐賀大学医学部付属病院医院長、佐賀市の総合パッケージメーカー・サガシキ枝吉社長の
共同開発で救急医療の現場への防護用マスク【ハコデガード】を製品化いたしました

通常のマスクだけでは防げない頭部や首周りを覆い目元部分は透明フィルム技術を用い
完成品は医療現場から高く評価されている

商品企画から完成まで1週間と短期間で製品化し
最大の魅力は一般的な材料なので大量生産も可能との事で、需要があり次第増産するとの方針。

今後のこの状況にはとても明るいニュースです。

【ハコデガードの概要ページはこちらから】

こちらの記事に関する詳細は、下記までご覧ください
<佐賀新聞URL>

【サガシキHPはこちらからご覧ください】

PAGE TOP